PPCアフィリエイト塾に入ったらこんな内容だった

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PPCアフィリエイトの塾ではどんなことを教えてくれるのか

2017年の9月初旬、PPC塾に入塾してそろそろ1年が経とうとしています。

更新の意思確認がきたので、更新しないと連絡しました。

1年間PPCアフィリエイト手法を学んだ内容や成果をざっくり紹介します。

私が覚えている範囲、感じたことです。実際の内容とズレがあるかも知れません。

すべてのPPCの塾に当てはまるものではないと思います。入塾を考えている人は参考程度に見てください。

PPCアフィリエイト塾の概要

私は1年間のコンサルティング契約を結びPPCアフィリを学びました。
塾のプランは2種類。

期間 金額 内容
6ヶ月 40万円程度

塾生専用サイトへログイン(マニュアル配布)
メール質問・電話質問
月1回のセミナー
月1回の懇談会(その都度払いの別料金)
合宿(その都度払いの別料金)
アクセス解析
キーワード作成ツール
ページ作成テンプレート(ペラサイト作成用)
売上管理表
Yahoo広告・各ASPの規約変更によって発生する問題に対処する方法の通知など

1年
(1回/月コンサル付き)
120円万程度 (6ヶ月コースにプラスして)
スカイプ又は対面によるコンサルティング
チャットワークを使って随時質問できる

PPCアフィリエイト塾でのカリキュラム

 

初期準備(1ヶ月目)

初期準備ではこれからPPCアフィリエイトを始めるために必要な設定、アカウント作成を行いました。
また必須ではないですが、あると便利なパソコンの周辺機器などを塾長の経験談を交え教えてくれます。

WordPressの設定
サーバー・ドメイン契約
Yahoo広告の設定
googleアカウント作成
(googoleでアドワーズ広告を出すためのものではありません。
googleの無料サービスであるGメールやキーワードプランナーを使用するためにつくります。)
ASP登録

基礎編(1・2ヶ月目)

実際にPPCアフィリエイトをするために最低限必要な操作方法と広告の出稿方法を学びます。
単に、どこにどんな文言を入力するかという操作方法ではなく購入意欲のあるユーザーの
検索するキーワードや、同じキーワードでもクリックされやすい広告とNGな広告の出稿方法
さらにYahooo広告の審査にとおるペラサイトを作ります。
マニュアルやツールの提供は現物支給ではなく、全て塾生専用ページから塾生本人がダウンロードします。
ペラサイトは1日3ページ作る事ができる程度にスキルを磨きます。
はじめはマニュアルを見ながら作成し、徐々にマニュアルに頼らずともサクサク作るようになることを目標にします

ASPの使い方、広告の探し方
ペラサイトの作り方(比較、ランキング形式・ブログ形式・ランディングページ形式・ペラページ)
Yahoo広告の出稿方法
Yahoo広告の入札金額をいくらにするか計算方法(赤字を回避するため)

応用編(2・3・4ヶ月目)

アフィリエイト広告選定やペラサイトがサクサク作れるようになると、PPCでは出稿しにくいアフィリエイト広告の出稿などに手を広げます。
PPCで出稿しにくいアフィリエイト広告とは、ASPでPPC一部OK広告(リスティング一部OKの広告)のことです。
基礎編では商品名をキーワード(PPCがOKの案件)にしてYahoo広告を出稿していました。
またグレー手法と言われるギリギリ規約内のものや即アカウント停止(出入り禁止)をくらうものまで(こちらは完全にブラックですね)いろんな手法を学びます。
グレー手法は必須のカリキュラムではありません。
過去にこんなグレー手法が流行った、ここまでやるとアカウント停止になる、グレー手法はこんなリスクがあるという内容です。

キーワードの展開の仕方
商品名では出せないPPC一部OK案件をどのようなキーワードだったら購買意欲のあるユーザーが検索してくるかということを学びます。

ペラサイト、Yahoo広告のABテスト 
Yahooの広告がクリックされても、私が作ったペラサイトから広告主のサイトにユーザーを誘導できない場合の改善方法
Yahoo広告がクリックされない場合の広告の修正方法

管理・運用編(4・5・6ヶ月目)

約3ヶ月間はペラサイト作成とYahoo広告を出稿します。
徐々に商品が売れて来ます。ただし、商品が売れてASPのレポート画面に表示されている金額は仮の金額です。
広告主が承認して初めて口座に振り込まれる金額としてASPのレポート画面に表示されます。
広告主の承認は早くて翌日、ほとんどの場合1ヶ月先、遅い場合3ヶ月かかります。広告主によってまちまちです。

4ヶ月目くらいから、売れている商品と売れていないの商品を分けます。
売れていない商品は赤字にならなくとも、クリックされないのでYahoo広告の管理画面を見にくくするゴミとみなします。
売れている商品のみを残し、それ以外は削除します。

塾から配布された売上管理表に何が売れているか、どれくらい広告費がかかったかを入力します。
一つの商品がたくさん売れても、別の商品が足を引っ張っていないかを見える化するためです。

ペラサイトをたくさん作ったからと言って、ペラサイトの作成・Yahoo広告出稿は止めません。管理、運用、応用編と平行して行います。

管理・運用をおろそかにしていると、いつの間にか広告費が売上を上回っていたという事になりかねません。
PPCは広告費がかかるので管理・運用が一番重要だと教えられました。

その他編

セミナー
私の所属していたPPCアフィリエイト塾は毎月1回東京・大阪・人数が集まれば福岡でセミナーを開催していました。(希望者のみ)
塾生専用サイトには画像や動画で操作方法が紹介されていますが、それを補うためカリキュラムに沿った内容で塾長が進行します。
また、Yahoo広告や、ASPの規約変更などがあった場合に対応するため、新たなテンプレート・ツールの更新など情報提供の場でもあります。
セミナーは動画も撮っているので後日塾生全員に動画が共有されます。

懇親会(希望者のみ)

セミナーのあとは塾長、塾生を交えて居酒屋でご飯を食べながら談笑します。
私は毎回欠かさず出席しました。
セミナーでは聞けない話や塾生同士の情報交換を行います。

合宿
合宿は年に2回。1泊2日で日帰りも可。
ppcアフィリエイトに関するクイズやビンゴ大会などレクリエーション色が強いです。
合宿がある月はセミナーは行いません。

ASPとの付き合い方
ASPは単なるアフィリエイト広告を提供している会社ではなく、ビジネスパートナーとしてみます。
ASPにはアフィリエイターよりのところもあります。
担当者と仲良くなると配信前の広告情報や今売れている案件などを教えてくれる場合があります。

コンサル
塾のコンサルプランに入ると毎月1回塾長と対面又はスカイプで添削をしてくれます。
添削は、ペラサイト、Yahoo広告、カリキュラムにはないアフィリエイト方法(PPC以外)、聞けばとにかくなんでも教えてくれます。
塾生の技量に合ったアドバイスが受けられます。

教材・ツール

塾生専用サイト(パスワードあり)
PPCに必要なアカウント作成方法のマニュアル・動画
サイト作成用テンプレ
キーワード作成ツール
アクセス解析ツール
売上管理表

塾への連絡方法

わからない事があれば、いつでも聞くことができます。
電話
メール
チャットワーク(コンサルのみ)

以上が塾のカリキュラムの概要です。
「PPCアフィリエイトとはなんぞや」、「PPCアフィリエイトを始めるための準備するもの」的なサイトはたくさんありますが、どういうながれで、どういうスキルが必要かを紹介しているサイトが少ないです。
また、PPC塾に対して受講していないのに憶測で書いているサイトもおおいですね。

PPCはアフィリエイトの手法の一つです。
塾のカリキュラムでは基本を学びますが、Yahoo広告では様々なユーサーに対しての広告が提供されています。
基本を身に着けていれば、卒業したあともPPCアフィリエイト以外に展開可能な広告出稿方法がたくさんあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。