三重県で社会人でも宅建が学べるスクールを探してみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

意外とある宅建取得に向け、学べるスクール

叔母のススメで宅建をとることに

宅建の資格が取れるスクールが近所にあるか検索してみました。

私は田舎住まいのため、車で通うことは必須。

無料駐車スペースが近くにあるとなお良し。

車で通える距離で数件ヒットしました。

DAiEi 資格スクールの大栄→http://www.daiei-ed.co.jp/takken/

広域で開校しているため、通いたいスクールの資料を請求して受講料や受講日を確認する必要があるようです。

 

叔母は簡単に宅建を取れるはずなのに、そうしない理由

叔母は現在、沖縄の自宅で建築事務所を開設し、1人で忙しく仕事をこなしています。

中でも、民泊のリフォーム案件の依頼がほとんどだといいます。

民泊のリフォーム物件のオーナーはほぼナイチャー(本土の方)です。

リフォーム案件を受けるにあたり、民泊のことも色々調べた結果かなり詳しくなったといいます。

詳細は私にはわかりませんが、どうやら宅建の資格があると民泊のオーナーとしていろんなことができるらしいです。

おそらく、管理とかそのへんのことでしょう。

しかし、叔母は70歳手前。しかも心臓に持病があり障害者手当を受けています。

今から取得しても先が短いから、自分では取らないと言っていました。

 

宅建の本を読んだ事があるだけの私

私は以前、不動産投資に興味を持ち、アパート物件の下見や情報収集をしていた時期がありました。

旦那の身内に手元が大きくかかると反対され、別の投資をススメられw今は不動産投資は考えていません。

最近、叔母から別件で電話があった際、「宅建の勉強を過去にしていた」と話したところ

「おばちゃんが受講費だすから宅建とって」といわれてしましました。

確かに、宅建を持っていればいろんなことができると本にかいてありましたけど。

本を読んだだけでも、普通にアパートを借りるときなどに役にたったこともあります。

知識って大事ですね。ほんと。

叔母も、持病を持ちながら田舎で仕事が切れないのは「建築資格のおかげと」いっています。

 

通信講座ではなくスクールを選ぶワケ

スクールを選ぶワケ その1

通信講座は家にいながら勉強ができる素晴らしい教材ですが、主婦の私は1日中家にいます。

しかし通信講座で勉強しない自身があります。

過去に、FP2級、通関士の通信講座を受講していた経験がありどちらも資格取得に至りませんでした。

言い訳をすると・・

・FP2級の通信講座を始めたばかりに怪我をして入院し、少しも教材を開く事なく終了。

・通関士はその時働いていた通関会社で必要であったため、3回試験を受けましたが取得ならず。(2回落ちた後に通信講座受講)そのまま寿退社となりました。

そんな過去の経験から絶対にスクールが良いとの結論に達しました。

叔母も、スクールに通ったほうが取りやすいと薦めています。

同じ目標に向かって集まっている仲間と、集中できる環境にいることがより早く目標を達成できるのではないかと思います。

 

スクールを選ぶワケ その2

スクールに通うということは、その1でも言ったように同じ「目標に向かって集まる仲間」がいます。

話は宅建の話から脱線しますが、私はアフィリエイトの塾に1年間入っていたことがあります。

といってもほとんどオンラインでのやり取りですが、月に1回大阪や東京などで開催される勉強会に欠かさず参加していました。

交通費や交際費などはかかりますが、それ以上に成果と継続力が違います。

今はアフィリエイトの塾に入っていませが、その時の仲間と情報のやり取りまた、今でも学んだ方法でアフィリエイトを継続して実践ができています。

1日中家にこもっている私ですが、仲間がいて情報交換ができることは変わる情勢を把握する上で重要なのです。

毎月の勉強会に長距離移動は大変で、帰宅後の疲れもどっとありましたが単調な生活を強制的に変えるイベントは必要です。

 

まとめ

忙しくて時間が取れないといつまでも先延ばしになることはよくあります。

 

私の場合、ありがたいことに叔母のお金でスクールに通うことになるので結構なプレッシャーがありますw

1度で資格取得できるように、スクールに通うという強制力をうまく使うことは効果的です。

あなたも目標があるのなら、この強制力を利用して短期間に集中して達成を目指してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。