日立 風アイロン ドラム式洗濯乾燥機がめっちゃ楽!熱風殺菌で生乾き臭も無し♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

私の家の一番高い家電は洗濯機。

この日立の洗濯乾燥機に変えてから、外に洗濯物を干すことがなくなりました。

さらに、シャツや薄手のコートなどアイロンがけをすることはありません。(ハンカチは形を整えるためアイロンがけをします。)

当初洗濯機に付いている乾燥機って乾きが悪いというイメージがあった(妹が別メーカーでそんな洗濯機を使っていた)ので避けていたのですが、洗濯機が壊れ急いで量販店へ。

確かに干す手間を考えたら、乾燥機付きは欲しい。でも生乾きなら結局干すことになるんじゃないかとお店の人に尋ねたところ「今の乾燥機付き洗濯機は110%乾きます!」といわれ乾燥機付きを選びました。

でも、どのメーカーでもいいわけではありません。

洗濯機はHITACHIと決めていました。今までの経験上、日立製は壊れたことがないし実家でも日立製でした。

というか家電全般HITACHIは強いというイメージです。

なぜか私は新品でもはずれをひくタイプで、買ってきてすでに壊れているものや1年以内に壊れることが結構あります。だいたい保証で直してもらえますが、大きいものや毎日使うものはいくら保証があるからと言っても交換で使えなくなる日があると困りますよね。

だから、冷蔵庫、洗濯機、エアコンは絶対日立です。

中でも風アイロンができるドラム式洗濯乾燥機は本当に重宝しています。

以前は主人の仕事着をアイロンがけしていましたが、この洗濯機なら洗濯開始が遅くなっても乾燥までしてくれるので最高に時短です。天気も気になりません。

毛布も洗いから乾燥までできます。フローリングに敷いてあるラグも、わんこがそそうをしてもいつも清潔にできます。

長時間濡れているお風呂上りに使ったタオルや、台所で手を拭くタオルは外干ししだと乾いていてもちょっと臭いことがあります。

あれはタオルに付いた雑菌が洗濯洗剤では完全に殺菌しきれていないのが原因です。

しかし、熱風で乾燥させる乾燥洗濯機は殺菌できるので臭いはありません。(ずーっと濡れたままにしておくと新たに雑菌が繁殖して匂ってきます。)

主人の靴下も熱風殺菌してくれます。そして節水です。

乾燥洗濯機は家事の軽減にすっごく助かりますが3つ注意する点もあります。

一つ目はアイロンがけが必要な衣類を洗うときです。乾燥が終わってすぐに取り出さないと、衣類の重さでシワになるからです。

乾燥したてはふんわりしているので、すぐにハンガーに掛けておくことが必要です。

2つ目は大きさの問題です。大きいので洗濯機置き場に入らないことがあります。

うちは入りませんでした。借りたアパートが古いせいか洗濯機置き場に入るドアが洗濯機より1センチ小さかったのです。

しょうがないので、洗濯機置き場の入口(リビング)へ置いて給水ホースと排水ホースを長めにして使っています。

3つ目は重いということです。約80Kgあります。少し移動をしようと思ってもズラすことも容易にできません。

普通の全自動洗濯機は少しずらす程度なら女性でもできます。でも乾燥洗濯機はびくともしません。

3つ目は当てはまる人が少ないと思いますが、うちはリビングにあるので模様替えの時、棚を横へ設置しようと少し動かすのも大変でした。

以上の注意点を勘定に入れても高価な風アイロンの乾燥洗濯機はオススメです。

一度乾燥洗濯機を使うと乾燥機能無しには戻れませんよ。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*