暗号通貨はハードウェアウォレットで確実に保管

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

暗号通貨をハードウェアウォレットに保管してリスク分散

ネットワーク上のウォレットや取引所に暗号通貨を保管しているという方も多いですが、完全にネットワーク上から隔離して保管できるハードウェアウォレットも一つの保管先として取り入れてみてはいかかでしょうか。

目次

  • ハードウェアウォレットとは
  • ハードウェアウォレットの必要性
  • おすすめのハードウェアウォレット
  • ハードウェアウォレットのメリット
  • ハードウェアウォレットのデメリット
  • 購入を迷っている方

ハードウェアウォレットとは

暗号通貨を購入したことがある方ならウォレットの存在は知っていると思います。

しかし、ハードウェアウォレットの存在はあまり知られていません。

ハードウェアウォレットとはネットワークから切り離して自分の手元に暗号通貨を保管する機器です。

メモリースティック型の小さなもからポケットWi-Fiくらいの大きさのものです。

ハードウォレットやハードウェアトークンともよばれています。

有名どころは以下の3つです。

  • Ledger Nano S(レジャーナノエス/レッジャーナノエス)
  • KeepKey(キープキー)
  • TREZOR(トレザー)

ハードウェアウォレットの必要性

ハードウェアをレットの重要性といわず必要性といったのには理由があります。

頻繁に暗号通貨を送金や売り買いする場合は、取引所に入れっぱなしにしていたほうが便利だし、都合がいいです。

すぐに暗号通貨を動かす場合は必要性は少ないといえます。

また、ネットワーク上に個人用のウォレットを利用している場合でも2段階承認を設定してデバイスを適切に管理しておけば暗号通貨を保管しておくには問題ありません。

しかし、パスワードの使いまわしや2段階承認をボイスメールで受け取っている、デバイスのパスコードを設定していない場合は突破される危険性があります。

暗号通貨を数か月も使わない、高額の暗号通貨を保有しているなら一部をハードウェアウォレットに保管することをお勧めします。

ちなみに、動かさない暗号通貨が10万円以上あればハードウェアウォレットに保管していたほうがいいという意見もあります。

おすすめのハードウェアウォレット

Ledger Nano S

Ledger Nano S(レッジャーナノエス)がおススメです。日本語サポート付きです。(電話でサポートを受けられます)

フランスレッジャー社の正規販売代理店であるアースシップ社(© Earthship Co., Ltd – Ledger日本代理店)で購入できます。

Keep Key

KeepKey(キープキー)はYahooショッピング内に日本正規代理店があります。

ヤフーショッピング「サナップルストア」

※2018年7月現在yahooショッピングにサナップルストアーはありません。

yahooショッピングではKeepKeyの販売を行っているショップがいくつかあります。
ただし、正規品またはKeepKeyの正規代理店と謳っているショップはありますが、KeepKey.comの公式サイトに正規代理店として会社名が掲載されていないのでこのページでは案内していません。
購入の判断は自己責任でお願いします。

KeepKeyには日本語の説明書が同梱されていないようです。

こちらのサイト(コインギフト)から日本語の説明をダウンロードできます。→http://blog.coingift.jp/2016/09/20/keepkey_setup/

TREZOR

TREZOR(トレザー)は取引所であるZaifで広告が出されていますが現在購入できるのはアマゾンのみとなります。

 

ハードウェアウォレットを購入する際は必ず正規販売店で購入してください。

正規品と謳っていても販売者の素性がわからない場合(Amazonやebayなど)や個人から中古品を購入して保管していた暗号通貨を盗まれた例が海外で報告されています。

ハードウェアウォレットのメリット

上記でも書いた通りネットワークから完全に切り離した状態で暗号通貨を保管できます。

ハードウェアウォレットのデメリット

機器をデバイスに接続したり操作方法のわずらわしさがあります。

ハードウェアウォレット自体を紛失する可能性があります。

(ハードウェアウォレットを使用する方は、予備として2つ購入する方が多いです。)

購入を迷っている方へ

購入金額で迷っている場合

今すぐ購入する方をお勧めします。

去年まではハードウェアウォレットの認知度は低かったので、同じ製品でももう少し価格は低めでした。

現在は正規販売代理店で価格を上げてきています。また、海外の販売元ではすでに在庫切れがおきています。

国内代理店の在庫がなくなるとしばらく入手できなくなると思います。

操作方法で購入を迷っている場合

予め閲覧できる製品情報に目を通してください。ここで紹介されている以外に最新の情報を収集してください。

保管できる暗号通貨はウォレットによって限られています。

Ledger Nano S(レッジャーナノエス)は専用窓口で日本語対応しているので操作手順について安心といえます。

私はLedger Nano Sを購入しました。小さい、安いというのが理由です。

Ledger Nano Sは今回紹介したウォレットの中で一番小さなものになります。

そのため操作しづらい、見づらいという意見もあります。

各サイトのレビューを参考に、今必要か判断してください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*